ニッカウヰスキー

ハイニッカ【レビュー】

今回は、ニッカウヰスキーハイニッカをレビューします!

ストレート・ロック・ハイボール・バニラアイスかけで評価しますので、家飲みの参考にしてくださいね♪

〈このウイスキーを3行で!〉

ほんのり麦の甘味がするが、基本的にはドライな味わい

オススメの飲み方は、水割りとハイボール

竹鶴政孝さんは、毎日1本ハイニッカをお召しになっていたらしい

〈基本情報〉

商品名:ハイニッカ

生産地:日本

種別:ブレンデッド

度数:39%

価格:1,200円くらい

〈概要&テイスティング〉

ハイニッカは、ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝さん健在の時代から販売が続いている、ロングセラー商品です

1964年に、「一人でも多くの人に、おいしいウイスキーを飲んで欲しい」という竹鶴さんの思いから、当時としては破格の500円で販売が開始されました

1965年、同じく当時としては破格の1,000円でリニューアル販売を行ったブラックニッカと共に、大ヒット商品となります

ニッカ低価格商品の大ヒットを受け、競合のウイスキーメーカーも低価格のウイスキーを市場に投入

「千円ウイスキー戦争」「ソフト・ウイスキー合戦」と呼ばれる、ウイスキー販売競争が巻き起こります

この競走について、竹鶴さん「メーカー同士が切磋琢磨し、良い商品が低価格で消費者へ届くようになるので良いことだ」と好意的に捉えていたようです

本当にウイスキーが大好きだったんですね( ´ ▽ ` )

なお、ハイニッカという名称は、当時流行っていたオーディオ用語の「Hi-Fi」に由来しています

竹鶴さん「ハイハイニッカ」という名称案を推しており、みんなに「ハイハーイ!」といった感じで掛け声みたいにウイスキー名を呼んで欲しかったそうです

しかし、残念ながら語呂が悪いということで却下され、ハイニッカに落ち着いたとのこと

ただ、最後の抵抗としてか当時のハイニッカのラベルには「HiHi NIKKA」という竹鶴案の銘柄名がデカデカと印刷されているという、、、

はい、気持ちはすごーく良くわかります( ´ ▽ ` )

そして、竹鶴さんは本当にハイニッカを愛しており、毎晩フルボトルを1本飲んでいたそうで、、、すごい!

飲み方は「ウイスキー:常温の水=1:2の水割り」で、それに薄焼の煎餅を合わせていた模様

「みんな、ニッカの社長は高級なウイスキーを飲んでいると思っとるみたいだが、わしは一番売れているやつを飲むんじゃ!」

などと仰っていたみたいですね、カッコイイです( ´ ▽ ` )

竹鶴さんは、おそらく世界一ハイニッカを飲まれたお方ですね

〈ストレート〉

ハイニッカ

香り:
麦チョコ、水あめ、ハチミツ、軽くスモーキーフレーバーとアルコール感

味:
水あめ、麦チョコ、スモーク、アルコール感

麦チョコのような穀物感が主体で、そこへ水あめのような麦芽感が混じります

全体的にドライで、多少アルコール感もありますね

香り・味ともに、廉価版ブラックニッカスペシャル、そんな印象です

ちょっとストレートでいただくのは厳しいかな( ´ ▽ ` )

そこまでうまみのようなものを感じないため、2口目には飽きてしまいます

〈ロック〉

ハイニッカ

麦チョコ、ハチミツ、軽くアルコール感

ストレートと比べて、チョコっぽさが強調され、甘みもかなり強くなります( ´ ▽ ` )

アルコール由来のピリピリ感も抑えられるので、飲みやすくなりますね

ただ、あくまでもストレートよりは飲みやすいといった感じで、純粋においしいとは言い難いところ

出自からして2級ウイスキーですので、ストレートやロックで飲みことは想定していないのかもしれませんね

〈マッサン水割り〉オススメ!

今回は、マッサン水割りも試してみます

「ウイスキー:常温の水=1:2」

淡麗辛口で、うっすら麦の優しい甘みがあります

クセがなく、さらっとしているので和食などでも合いますね

竹鶴さん曰く、この比率で水割りにするのが最もウイスキーの味と香りがわかるのだそうです

ちなみに竹鶴さんは、前述の通り、この水割りに薄焼の煎餅を合わせていたそうですよ( ´ ▽ ` )

〈ハイボール〉オススメ!

ハイニッカ

こげた麦の風味、うっすら麦チョコ

麦のほのかな甘みがありつつも、基本的にはドライで食中酒向きの味わいです( ´ ▽ ` )

元々2級ウイスキーですので、水や炭酸水で割ってあげると、一気に飲みやすくなりますね

私は、夏場にざる蕎麦をハイニッカのハイボールでいただくのが好きです( ´ ▽ ` )

〈バニラアイス〉

完全にアイスに負けてますね、味にほぼ変化がありません

うっすら穀物感が出ますが、すぐに消えますので、かけなくて良いですね

〈総評〉

水や炭酸水で割ることが前提のような、クラシックな味わいのウイスキーでした( ´ ▽ ` )

そして、価格改定でなんとも微妙な立ち位置になってしまったウイスキーでもありますね

以前はコスパ良好銘柄だったのですが、値上げでブラックニッカシリーズとほぼ同価格帯になってしまいました

正直、1,200円出すなら、個人的にはブラックニッカリッチブレンドクリアをオススメしたいところです

ハイニッカは良くも悪くも平均的で面白みに欠け、さりとて特段安いわけでもなく、、、

そのため、上位互換のブラックニッカスペシャルと下位互換ながら価格がずっと安いクリアに挟まれた、中途半端な銘柄という印象になってしまいました

ただ、相変わらず値段の割にはしっかりウイスキーの香味があります

また、ニッカの創業者が愛したウイスキーということで、興味のある方は一度飲んでみても良いかもしれません( ´ ▽ ` )