サントリー

サントリー ホワイト【レビュー】

今回は、サントリー ホワイトをレビューします!

ストレート・ロック・ハイボールで評価しますので、家飲みの参考にしてくださいね♪

〈このウイスキーを3行で!〉

1929年4月1日に販売開始された、国産第一号の記念碑的なウイスキー

サントリーのウイスキーにしては、珍しくスモーキー

オススメの飲み方はハイボール

〈基本情報〉

商品名:サントリー ホワイト

生産地:日本

種別:ブレンデッド

度数:40%

価格:1,300円くらい

〈概要&テイスティング〉

サントリー ホワイトは、日本で最初に発売された国産ウイスキーです

(現在は輸入原酒も使用しています)

サントリーの創業者「鳥井信治郎」さんが、スコットランドでウイスキー作りを学んだニッカの創業者「竹鶴政孝」さんを招聘

1923年より山崎蒸溜所を開設し、ウイスキー製造を開始します

そして、1929年4月1日に販売されたのが「サントリーウヰスキー(後のホワイト)」でした

国産ウイスキー第一号ということで、相当気合の入った宣伝を行い、発売前から話題になっていたそうです

ただ、実際に発売してみると当時の日本人の味覚には合わず、全く売れなかったそうで、、、

まあ日本酒が当たり前だった当時の日本人にはウイスキーは「煙いし度数高いし」で相当飲みにくかったみたいですね

悲しい( ´ ▽ ` )

その後、なんやかんやでサントリーは盛り返し、サントリーホワイトは1929年から今日まで販売の続くロングセラー商品となっています

〈ストレート〉

サントリーホワイト

香り:
乾いた木材、軽くスモーキーフレーバー、水あめ、クッキー、青リンゴ

味:
アルコールのピリピリ感、水あめ、麦チョコ、青リンゴ、ふんわりスモーク

終始アルコール由来のピリピリ感があり、人によっては辛いと感じるかもしれません

穀物由来のほのかな甘みが主体で、基本的にはドライな味わい

そして、サントリーにしては珍しくスモーキーなウイスキーです( ´ ▽ ` )

トリスの正当進化というか、トリスを少し上品にしたような味ですね

トリスの方が後発ですが、、、( ´ ▽ ` )

〈ロック〉

サントリーホワイト

青リンゴ、麦チョコ、クッキー、軽くスモーク、少しアルコールのピリピリ感

ストレートよりも甘みとスモーキーさが強調されます

ピリピリ感も抑えられるので、ストレートよりはオススメです( ´ ▽ ` )

〈ハイボール〉オススメ!

サントリーホワイト

ほのかに木材の風味、水あめ、軽くアルコール感

甘みはほぼなくドライ、麦芽風味の炭酸水といった印象です( ´ ▽ ` )

良い意味で食事の邪魔をしない、おそらくは水割り前提であろうクラシックな味わいですね

〈総評〉

クラシックな日本のウイスキー(麦や穀物の風味が主体で素朴)って感じの味わいでした( ´ ▽ ` )

近年では安価でおいしいスコッチが簡単に入手できてしまうので、わざわざホワイトを選ぶ理由を見つけるのは難しいかも、、、

ただ、お値段なりの味はしますし、「マズくて飲めん!」なんてことは決してありません

ですので、「国産第一号ウイスキーがどんなもんか興味ある」って方は購入してみても良いかもしれませんね( ´ ▽ ` )