シングルモルト

グレンキンチー 12年【レビュー】

今回は、ローランドモルトのグレンキンチー12年をレビューします!

ストレート・ロック・ハイボールで評価しますので、家飲みの参考にしてくださいね♪

〈このウイスキーを3行で!〉

ライトでスムース、クッキーやぶどうのような甘みが特徴

オススメの飲み方は、ストレートとハイボール

サラッとしていて飲み疲れないので、リラックスタイムにゆっくりいただきたい

〈基本情報〉

商品名:グレンキンチー12年

生産地:スコットランド(ローランド)

種別:シングルモルト

度数:43%

価格:4,300円くらい

〈概要&テイスティング〉

グレンキンチー蒸溜所は、スコットランドのローランドに位置しています

ローランドはグレーンウイスキーの製造が盛んで、モルトウイスキーの蒸溜所は非常に少ない地域となっています

実際、これまで普及品のシングルモルトを販売していたのは「グレンキンチー」と「オーヘントッシャン」くらいでした

ただ、近年はウイスキーブームのおかげか、ローランドでも鬼のように新規蒸溜所が建設されているようで、これから一気に種類が増えるみたいです

あっぱれ( ´ ▽ ` )

そして、グレンキンチー蒸溜所はスコットランド最大級の蒸留器を使用しており、製造されるウイスキーはライトでスムースな味わいが特徴です

※製造される原酒の90%は、ブレンデッドウイスキー「ヘイグ」「ジョニーウォーカー」に使用されます

なお、グレンキンチーはゲール語で「キンチー川の谷」という意味です

「キンチー」の意味は不明な模様( ´ ▽ ` )

〈ストレート〉オススメ!

グレンキンチー12年

香り:
トースト、ぶどう、薄いハチミツ、バニラ、わずかにスモーキーフレーバー

味:
うっすらスモーク、クッキー、バニラ、わずかにぶどう、穏やかなスパイス、余韻はドライで少しスパイシー
ボディはライトでスムース


軽やかで飲みやすいですね( ´ ▽ ` )

ローランドはスコットランドの首都「エジンバラ」や「イングランド」に近いので、製造されるウイスキーはスッキリした万人受けする味わいが特徴なんだそうです

〈ロック〉

グレンキンチー12年

食パン、クッキー、スモーク、わずかにぶどうの甘味と酸味、こげた麦のほろ苦さ

ストレートに比べて苦味が強めに出てドライな味わいに変化します

甘党のわたしはストレートが好きですが、甘すぎない方が良い方にはロックオススメです( ´ ▽ ` )

〈ハイボール〉オススメ!

グレンキンチー12年

こげた麦の風味、わずかにぶどう、ハチミツ、樽由来のほろ苦さ

少しこげ感が口に残りますが、後味スッキリで爽快感もあります

あげものなど脂っこいものと相性の良いハイボールです( ´ ▽ ` )

〈総評〉

前評判通り、ライトでスムースなシングルモルトでした( ´ ▽ ` )

これと言って目立った特徴はありませんが、全体的のバランスが良く

軽くて飲み疲れないので、まったりリラックスタイムにいただきたいですね

クセがないので、シングルモルト入門にもピッタリです!