シングルモルト

マッカラン 12年【レビュー】

今回はスペイサイドシングルモルトのマッカラン12年をご紹介します!

ストレート・ロック・ハイボールで評価しますので、家飲みの参考にしてくださいね♪

〈このウイスキーを3行で!〉

ドライフルーツやバニラのような風味がする、重厚でリッチなウイスキー

オススメの飲み方はストレート、ロック、ハイボール

「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれる逸品

〈基本情報〉

商品名:マッカラン12年

生産地:スコットランド(スペイサイド)

種別:シングルモルト

度数:40%

価格:7,700円くらい

〈概要&テイスティング〉

マッカラン蒸溜所は、スコットランドのスペイサイドに位置しています

原酒はほぼ全てこだわりのシェリー樽で熟成しているため、製造されるウイスキーは華やかで濃厚・上品な味わいが特徴となっています

老舗の百貨店ハロッズの「ウイスキー読本」において、「シングルモルトのロールスロイス」と評されたこともあり、他のウイスキーとは別格のような扱いを受けることも多い銘柄です

(あたしゃロールスロイスを高級なロールケーキだと思ってましたよ( ´ ▽ ` ))

現在世界で最も価値のあるウイスキーは「マッカラン1962」でオークションにおいて約2億円の値を付けています

、、、絶対飲まないよね( ´ ▽ ` )

なお、マッカランとはゲール語で「聖フィランの野原」という意味です

※聖フィラン=8世紀にスコットランドでキリスト教布教を行なった聖人

〈ストレート〉オススメ!

マッカラン12年

香り:
ぶどう、トースト、カカオ、ハチミツ、バニラ

味:
ドライフルーツ、バニラ、トースト、カカオ、薄いハチミツ、ジンジャー、シナモン
余韻はカカオやドライフルーツのような甘みが穏やかに続く
フルボディでスムース


こりゃーうまい( ´ ▽ ` )

先人曰く、昔のマッカランに比べるとかなりレベルが落ちているらしいですが、それでも十分クオリティが高いです

昔のマッカランはどんだけうまかったのか、、、( ´ ▽ ` )

〈ロック〉オススメ!

マッカラン12年

バニラ、トースト、樽由来のほろ苦さ、ドライフルーツ、うっすらハチミツ

ストレートよりバニラのクリーミィさとほろ苦さが前へ出てきます

相変わらずボディがしっかりしており、けっこう氷が溶けてもへたりません

これはストレートと甲乙付けがたいですね、、、( ´ ▽ ` )

〈ハイボール〉オススメ!

マッカラン12年

軽くドライフルーツ、バニラのようなクリーミィさ、トースト

最初は甘口でクリーミィですが、後味は爽やかでしつこく甘みが残ることもありません

食事というよりはスイーツと合わせたい上品な味わいです( ´ ▽ ` )

〈総評〉

え、十分おいしくない?( ´ ▽ ` )

先人からは「シェリー感がうすくなった」だの「これで7,000円は高すぎる」だのけちょんけちょんに言われることが多いですが、普通に家飲みする分には十分なクオリティだと思います

まあ確かにもっとお安い「グレンファークラス12年」「グレンドロナック12年」も同等のシェリー感を備えているのでコスパは微妙かもしれませぬが

「シングルモルトのロールスロイスがどんなもんか気になる!」って方は購入されても「損したー!」とはならないんじゃないかと思います

ただ、やっぱりちょっと他の12年物よりお高いので、まずはコロナ明けにBARなどで試飲して購入検討もアリですね( ´ ▽ ` )